それ、人生の大損失です!「あの熱い部屋」がサウナだと思ってるあなたへ【ととのえばうまくいく】

スタエフKindle図書館

サウナ好きですか?「あの熱い部屋」。サウナが苦手なわたくしに、「サウナ、いいかも」って気付かせてくれたのがサウナーンチュKeiさんのこのKindle本です。

知ってました?人生を変える力があるんです。サウナって。

サウナで人生変えた、サウナーンチュKeiさん

本記事執筆時点では、スタエフは始めたばかりのKeiさん。

ただ、実生活では、すでに各方面で活躍してらっしゃるようです。

↓ Keiさんの詳しいプロフィールは、こちらでKeiさんご自身が語ってくださってます。

そんなKeiさんの、エネルギーの源がサウナだと言われると、気にならずにはいられません。

でも、のっけからびっくりしますよ?

「サウナは熱い部屋」の思い込みで壮大な人生のロス!?

ぐわー!すみませんです!ムサ苦しい画像貼り付けちゃって(アセアセ)。

でもイメージどおり(笑)。

あの「熱い部屋」ですよね?サウナって。

でも、サウナーンチュKeiさんによりますと、サウナ=熱い部屋というのは間違いなんだそうです。

いや、実はわたくし、苦手なんですよね。サウナ。

だって、くつろげないじゃないですか。

ガマン大会じゃないですか。

修行じゃないですか。

のんびり体とを休めるために温泉施設に来てるのに、なんで「修行」しなきゃならないの?

って思っちゃって。

ところがですよ?ちょっと違うらしいんですよ。サウナーンチュKeiさんによると。

なんと、サウナって、サウナと水風呂、そして外気浴の3つがそろって、はじめてサウナって言えるそうなんです。

本書では、これらは「3種の神器」と呼ばれてます。

そして、その3種の神器がそろうと「整う」状態になれて、アンビリーバボーな良いことが次々に起きるようになったんだって。

マジで?気になる!

「整う」? ナニソレオイシイノ?

サウナ、水風呂そして外気浴の3点セットで正しくサウナを活用すると「整う」状態になるそうです。

どういった状態なんでしょう?整うって?

それはズバリ、一言でいうと「空白の時間」。

つまりそれは、閃(ひらめ)きの余白。

物置と同じで、人の脳って詰まった状態だとそれ以上入れられないんですよね。

そこで、サウナに入ることで脳の空白を作り出し、閃きの余白を作ってあげる

これが「整う」という状態だそうです。

何も考えずにぼーっとしている状態こそ、新たな閃きを得る時間。

お風呂やトイレでぼーっとしてるときにふと思いつく、アレですね。

閃き準備の状態が自分で作り出せるなんて、なんて頼もしいんでしょう。

Keiさんによると、この「空白」をつくる方法はサウナでなくてもできるそうです。

でもやっぱり、他の方法は時間がかかったり、ガマンが必要だったりいろいろ大変。

手っ取り早くお手軽に「空白」を得られるのはやっぱりサウナ

さあ、さっそく近くのスーパー銭湯へGO!と思ったあなた。ちょっと待ってください。

サウナにもいろいろあるんです。

やっぱりハードルちょっと高い?

サウナで空白ができると、そこに新たな閃きが生まれて人生の流れが変わる。

これがサウナの効果でしたね。

これって、リトリートそのものだそうです。

リトリート?

ですよね。わたしも初めて聞きました。

リトリートとは、非日常の中で自分と向き合い、心と体を整える過ごし方のことを言うそうです。

ほうほう。なるほど。

でも、非日常ってどういう状態を言うのでしょう?

本書の中では、こう紹介されてます。

  • 家から少し離れたところで
  • 数日間の泊まり込みのうえで
  • ヨガや断食、対話などをすること

はい。ハードル高いですね。

場合によっては、外国まで出かける方もいらしゃるようです。

はい。ハードルさらに上がりましたね。

この他にも効果が高まるサウナ(リトリート)を紹介されてるのですが、わたしにはどれもハードルが高いものばかりでした。

でも、機会があればやってみたいと思ったのも事実です。

でもご安心を。

近所のスーパー銭湯でも、条件を満たせばサウナの効果を満喫することは可能だそうです。

その条件とは、露天風呂があること。

簡単でしょ?

サウナ3種の神器のひとつ、外気浴が必要なので、露天風呂は外せないと言うわけです。納得。

わたしも、まずはお手軽なスーパー銭湯のサウナから楽しみたいと思います。

そして、サウナをリトリートとして捉えた場合、どのタイプのサウナが最も効果的なのか気になりますよね?

自分に合ったサウナで「整い」ましょう!

先ほど紹介したとおり、サウナの効果は脳の空白を作って閃きの余白を作ることでした。

そして、その閃きで、人生の流れを変えて、より良い人生を作り出すというもの。

ということは、自分にとって最も効果的なサウナを選びたいと思うのは人情ですよね?

もちろん、自由に使える時間やお金は人それぞれですから、最も効果的なサウナは人によって違うはずです。

たとえば、わたしが長期間の外国でのリトリート(サウナ)を体験しても、費用対効果で考えるとそれがベストとは思えません。今のところは。

そんな感じで、それぞれが今いる環境に応じた形で、自分に合ったサウナで「整う」のが最もコスパが高いサウナ活用法です。

では、わたしはどう活用するでしょう?この書籍。

いちろう的な活用法

まず確認したいのは、わたしはサウナ初心者だということです。初心者というか、食わず嫌い?

どちらかというと、今までサウナは苦手でした。特に水風呂。

そこで、まずはサウナの正しい楽しみ方の指南本としてお世話になります。

3種の神器や、正しいサウナができるスーパー銭湯の選び方など、まずはサウナの入門書として手元に置いておきたい一冊です。

そして、さらに。

人生をより良くするためのバイブルとして、ときどき見返す一冊にもなりそうです。

ともすれば、「吸収」こそが成長とばかりに詰め込んでしまいがちですよね。

そんなとき、人生をより良くするための、閃くための「空白」も大事だよ。って、思い出させてくれそうで。

サウナの紹介本かと思いきや、どうしてなかなか。人生の指南本でした。

まとめ

・著者のサウナーンチュKeiさんはサウナで人生変えた人

・サウナ、水風呂、外気浴の3つが揃ってこそサウナ

・サウナで「整う」ことで人生の流れが変わる

キンドル・アンリミテッドなら無料です。

読んどかないともったいない。サウナーンチュさんの著書、ととのえばうまくいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました