見つけた!スタエフで「弱み」が「強み」に変わっちゃった物語【モーリさん】

スタエフKindle図書館

あなたは何かコンプレックスを持ってますか?実は、わたしにもあります。

そんなコンプレックスを、スタエフで強みに変えてしまった人がいました。

「頑張って克服」したり「努力して乗り越え」たりすることなしに。

これからご紹介するKindle本を出版された、モーリさんです。

わたしと同じく動機が不純?(笑)

あなたがスタエフを始めたきっかけって何ですか?

おもしろそうだから?

なんだか流行ってるから?

モーリさんがスタエフを始められたのは、ラジオ好きの友人から勧められたことがきっかけのひとつだそうです。

そしてもうひとつが・・・。

話は変わりますが、わたくしいちろうがスタエフを始めたきっかけは、収入のひとつにしたいと思ったからです。

正直でしょ?(笑)

たとえば、こちらのユーチューブ動画でも紹介されてます。

「ユーチューブみたいに、再生回数によって広告収入が入りますよ」ですって。

そう。わたくし、「音声配信で稼げる」という発言に魅かれて始めました。スタエフ

動機が不純かな?(笑)。

ただ、今では、みなさまのおかげで、もっと楽しいことに気付かせていただきました!。ありがとうございます!!

あ、モーリさんの話でしたね。失礼しました。

さて、モーリさんの「不純な」動機って一体・・・?

それは、この場でのご披露は遠慮させていただきますね。

勝手に本の内容をネタバレしてもいけませんので(笑)。

努力と挫折とその果てに

はい。この「努力と挫折」というのは、コンプレックスを強みにする過程の話ではありません。

スタエフで楽しく生き生きと配信できるようになるまでに経験した苦い味です。

モーリさんがコンプレックスを強みにする前のスタエフ配信は、「コミュ障ぶりを存分に発揮していた」そうです。

え?コミュ障を存分に発揮?配信なのに?

ちょっと言ってる意味がわからないですよね(笑)。

ですが、そんなコミュ障を存分に発揮した配信のおかげ(?)で、ライブ配信をやめることになってしまいます。

理由は、話せる自信がなくなったから。

ちょっと深刻だと思いません?わたしも読みながら心配になってきてしまいました。

ただでさえ音声配信が苦手なモーリさん、せっかく努力してスタエフをスタートさせたのに、こんなことになっちゃうなんて。残念すぎます。

ですが、ここからがモーリさんの本領発揮です。

お待たせしました。ついに、モーリさんがやってくれます!

コンプレックスを、努力も忍耐もナシで強みにチェンジされました!!

スタエフで味わった3つの「おいしさ」

引用先:ヤクマイ

まずはじめに。ここでいう「おいしさ」とは、「良い効果」のことを意味します。

「棚ボタだぜうひひ〜」っていうのとは違いますので、ご了承ください。

スタエフには、いろんな良い効果が体感できますよね。

たとえば、音声配信で収益が得られることだったり、音声配信で収益が得られることだったり。

(そればっか笑。しかも、わたくしの場合収益になってない笑笑。)

でも、収益以外にも、「薬剤師」で「コミュ障」のモーリさんならではの良い効果が3つもあったそうです。

そして、その3つの効果、わたしも激しく同意です!まったくもって同感です!!

どんな効果でしょう?

ひとことで言うと、「交流」・「健康」・「知見」です。

よろしければ、モーリさんのブログ詳しく深掘りして解説してくれてます。

あなたにも当てはまるかもですよ?

そして、せっかく読んだKindle本、自分の生活にも役立てたいですよね?

そこで、わたしの場合はどう活用するかをまとめてみました。

いちろう的活用術(わたしならこの本をこう使う)

今回モーリさんが執筆されたKindle本で私が一番印象に残ったのは、コンプレックスが強みに変わったストーリーでした。

しかも、克服や努力なしで。

実はわたくしにもあります。コンプレックス。そして、克服できればいいなと思い続けてきました。

でも、モーリさんのこのKindle本で気づかせてくれました。コンプレックスはそのままでいい。光の当て方で強みにもなるから。って。

そこでズバリ、わたくしいちろうは、このKindle本を「自分のコンプレックスへの光の当て方を見つける指南本」として活用します。

あなたはどう読みますか?

あ、そういえば、1/21(木)16:59まで無料だそうです。 (終了しましたが、アンリミテッドならタダで読めます。)とりあえずポチっときます?

まとめ

・モーリさんのスタエフを始めた動機が不純かも(笑)

・コンプレックスとの誤った向き合いが挫折につながった

・コンプレックスが強みになると「3つの良い効果」が!

・いちろうはこの本を「コンプレックスとの正しい向き合い方の指南本」として使います

モーリさんのスタエフチャンネルはこちら。

ぜひポチッと!