いちろう@スタエフを200%楽しんでる人/兼・当ブログ運営者

当サイトの中の人

改まして、こんにちは。

スタエフパーソナリティであり、当ブログの運営者でもある いちろう です。

あ、スタンドFMって、よく「スタエフ」って呼ばれてるようです。

すみません。「自己紹介」は釣りタイトルです

のっけからすみません。

自己紹介の前に、当ブログ「みんなのスタエフ大百科」の楽しみ方をご紹介しますね。

自己紹介なのにブログ紹介。これが「釣り」の正体です笑。

このブログは、みんなで作るブログです。

もちろん、あなたも参加していただけます

どんな記事を書くかというと、

・自己紹介の記事

・おすすめパーソナリティーさんの紹介記事

・おすすめチャンネルの紹介記事

・おすすめ収録の記事

・そのほか、スタエフに関するいろんな記事

です。

そう、スタエフに関する全てのことがあるブログ。

それがこのブログ、「みんなのスタエフ大百科」です。

2020年9月にスタエフデビューしました

わたくしいちろうは、2020年9月にスタエフデビューしました。

はい。「9月組」と呼ばれる世代です。

「9月組」って、いわゆるインフルエンサーさんからのお知らせでスタエフを始めた方が多いようです。

わたしもその1人です。

「動画の次は音声配信がくるよ!」っていうインフルエンサーさんの発信に触れて、スタエフを始めました。

そして現在、スタエフを200%楽しませていただいてます。

リスナーとして。配信者として。

「いちろうチャンネル」というチャンネルを運営してます

わたくしいちろうが運営するから「いちろうチャンネル」。

ベタですね(笑)。

それくらい、思いつきで始めたチャンネルです。

始めた頃は、思いもしなかったんですよね。

こんなに楽しくハマっちゃうなんて。

主にライブ活動で楽しんでます

この記事を執筆している現在、スタエフでも主にライブ活動を楽しんでます。

スタエフには、2種類のコンテンツがありますよね?

ひとつは録音したコンテンツを聞いて楽しむ「収録」。

そしてもうひとつは、生放送で楽しむ「ライブ」コンテンツ。

それぞれ良さがあって両方とも楽しめますが、今、わたしはライブをメインに堪能してます。

「出会い系」スタエフチャンネルです

あ、警戒されました?すみませんです。

もちろん、いかがわしいアレとは全くちがいます。

わたくしが運営するいちろうチャンネルは、お母さまが小さなお子さまと安心して楽しめるチャンネル運営を心がけてます。

そして、わたくしいちろうは、相互フォローライブを得意としております。

相互フォローライブというのは、読んで字のとおり、フォローし合ってヨコのつながりを広げる活動です。

スタエフって、大変じゃないですか?気の合う仲間やチャンネルに巡り合うの。

そこで、まず広く知り合い、そして気の合うパーソナリティさんやチャンネルと、さらに深いつながりを頂く。というわけでございます。

ありがたいことに、いちろうのライブでの出会いから、さらに深いご縁へと発展される方々も続々といらっしゃるようです。

わたくしごとで恐縮ですが、私自身、帰国子女あーこさんとご縁を頂けたのはラッキーでした。

帰国子女あーこさんと私とのコラボライブ、「ゆるっとエイゴトーク」は、私の看板番組へと成長を遂げることができました。

この「ゆるっとエイゴトーク」、私の英会話力の向上はもちろん、毎回多くの方にお越しいただき、大変盛り上がるライブでございます。

ありがたいことです。

もちろん「リスナー」としても楽しんでます

配信すると楽しいスタエフですが、もちろん私は、配信者である一方、リスナーでもあります。

お役立ち情報の仕入れ先として、わははと楽しむエンタメとして。

はたまた、いろんな楽器や歌を聞く場として、存分に楽しませて頂いてます。

笑い、感動、癒し、納得。

いろいろな楽しめるコンテンツがてんこ盛りで、飽きることがないスタエフ配信コンテンツです。

それが、ライブでも収録でも楽しめる。

まさしく、「音の総合デパート」。それがスタンドFM、略してスタエフの面白さです。

いろんなライブにお邪魔してます

わたしは、リスナーとしてスタエフを楽しむ時間の多くをライブに費やしてます。

その理由は、

・臨場感がたまらなく面白い

・ライブとのきだけの「ここだけの話し」が聞けることが多い

・ヨコやタテのつながりのきっかけになりやすい

からです。

面白くてためになるそのまんまのスタエフライブ。

その面白さに気付いてしまったら、もう後には戻れません(笑)。

まとめ

・このブログは全員参加型です

・スタエフを目一杯楽しんでます

・「いちろうチャンネル」で配信中です

・リスナーとしてもメチャ楽しめます

これからも、いろんな「楽しい」を満喫しながら、同じく「楽しい」をお届けしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました